中小消費者金融一覧

借りやすいのは中堅クラス

大手消費者金融の審査に通る自信がない方は中小中堅クラスの消費者金融がおススメです。

中小キャッシング会社は大手ほど審査が厳しくないことから、審査に通る確率が高くなります。また、金利も大手ほどではないにしても、かなりの低金利で借りれますし、一定期間利息の付かない無利息ローンや、女性専門のレディースローンを取り扱っている金融会社もあります。

大手銀行系金融会社の審査では不安な方は、一ランク落として中小中堅のローン会社を選びましょう。

今日のお薦めキャッシング
キャッシング一覧

確実にお金借りるためには、審査に通りやすい準大手消費者金融が一番です。もっとも中小といってもピンからキリまでありますので、ご自分の借り入れ件数に合致した業者を選択して下さい。

目安として借り入れ件数4件以内であれば、大手か中小の中でも特に低金利で貸し出している業者を選びましょう。

借入件数が4件以上の場合

他社からの借入件数が4件以上あるような方は、金融業者も新規借入審査の際、かなり警戒を強くします。そういった多重債務者の多くは、支払いのための借入(自転車操業)をしている可能性が高いからです。大手の場合はほぼ審査に通る可能性はないでしょう。

そうなってくると、審査基準の緩い消費者金融でしか借りれる可能性がないわけですが、借入状況によって変わってきますので、まずご自分の借入状況を確認してみましょう。もしも年収の三分の一以上の借り入れがあるようならば、規制により新規の借入が不可能となります。残念ですが諦めて下さい。

借り入れ総額が年収の三分の一以下の場合は、まだ借り入れが可能ですので審査に通る可能性はあります。中堅クラスの消費者金融をあたってみましょう。

もしも消費者金融の借入審査に通らなかったら、何かしらの通らない理由が存在しています。基本的に金融業者は顧客にお金を貸してナンボの世界なので、お金を貸したくて仕方がありません。にもかかわらず、融資を拒否するのですから、重大な理由が存在していることになります。

一番の多い理由は、現在の借金の額です。総量規制によって年収の三分の一以上の新規借入は出来なくなっています。また、他社からの借入件数が4件以上にもなると、多重債務者として見られますので、貸す側としても慎重になります。金融業者にとって一番のリスクは貸し倒れなので、少しでもリスクのある顧客には融資不可の審査結果となってしまいます。

どうしてもお金を借りたい方は、少しでも審査基準の緩いローン会社を探すことです。当サイトで紹介しているキャッシング会社は、借入審査が甘いと評判なのでご利用されるとよいでしょう。

0

違法業者に注意!

どこからも借りれない多重債務者を狙った悪質業者が横行しています。その中でも有名なのが買い取り屋です。ネットで「無審査でキャッシングが可能」とかの広告を張り付けているのが、こういった買取屋の手口です。

本人が保有しているクレジットカードで高価な物品を大量に購入させ、それらを70%程度の価格で下取りをし、一定のマージンを上乗せしてディスカウントショップなどに転売をして荒稼ぎをしているのです。

とりあえずは多重債務者へ買取代金が振り込まれてきますが、当然、後日これらの商品代金がクレジットカード会社から請求されてきます。その代金というのは、商品代金の他に手数料などが加えられたもので、多重債務者の人の借金はますます深刻化していくことになります。

当然、こういった買取屋は金融業者でもなんでもないので、違法業者ということになります。目先のお金にとらわれて、このような違法業者に利用されることは絶対に回避すべきでしょう。

0

金利計算

消費者金融の金利計算方式においては、貸付日基準を採用するか、あるいは計算単位基準を採用するかによって、利息制限法所定の制限利率を決定する元本金額が異なってくることとなります。

貸付日基準を採用する場合、貸付日の貸付残元本金額によって決定することとなりますが、その一方で計算単位基準を採用すれば常に計算単位期間当初の貸付残元本金額により決定することとなります。

このような計算単位基準を採用すれば、追加貸付や反復弁済によって、利息制限法の制限利率が変動することとなってしまい、残元金が減れば制限利率が高くなり、逆に残元金が増えれば制限利率が低くなってしまいます。

以上のことから総合すると、追加貸付や弁済を反復、継続させるような際には、消費者に不利な結果を発生させる可能性があります。