審査

信用力の変化

無担保無保証による個人融資とは、個人の信用を担保にした個人ローンです。したがって、本人に
信用がないと審査に通りませんし、たとえ審査に通ったとしても融資額は少なく設定されます。逆
に信用力が高い人は、問題なく審査に通りますし、融資額も高く設定されます。

ただ、当初は信用力が低く融資可能額も少なく設定されていた方も、利用歴が長くなってくると、
信用力に変化が出てきます。

毎月きっちりと支払いを履行していると信用力もアップして、「もう少し融資が可能になりました
が」と営業の電話がかかってきます。一日でも早く借金生活から脱却しようと真面目に返済をして
いる方には、有難迷惑な営業電話ですが、追加融資を望んでいる人には朗報でしょう。

0

途上与信とは

信用情報機関からの与信情報は新規借入の際に活用されますが、借入の後も与信は継続しています
。新規契約後三か月の一回程度の情報照会を行っていますので、これは絶えず変化する顧客の信用
状況を正確に把握し、その状況に応じた与信で継続的に利用してもらうことが目的です。

もしも他社からの借り入れ件数が増えてしまっていれば、信用力も低下し、限度額を下げられたり
、自己破産の危険性がある人物と見なされると新規融資をストップされたりします。

金融業者側は顧客の借金総額よりも借り入れ件数のほうを着目しているようで、現在何社を利用し
ているかを重要視しています。

ただ、情報更新の頻度は各信用情報機関によって異なりますが、通常は取引発生時に更新されるこ
とが多いです。したがって、何の取引もしていなければ情報が変化することもありません。