金融

ネット広告の嘘

WEB上には様々なネット広告が存在します。中でも消費者金融に関する広告には、目を覆うも
のも少なくありません。そういった嘘の情報を検証してみたいと思います。

最大800万円まで融資可能

こういった広告を目にされた方も多いと思います。大手の消費者金融でもこういった最大限度額
に関する記載をしていますが、はたして800万円など借りれるのでしょうか?答えはNOです。

どこの世界に無担保無保証人で、しかもネットで申し込むような初対面の人間にこれほどの融資
をする金融屋がいるのでしょう。ここまで借りれる人というのは、長年取引があって信用度も高
く、担保となる動産なりを保有している人に限ります。

にもかかわらず、こういった金額を記載しているのは、単に客寄せのための過大広告ということ
になります。せいぜい初回利用の人の殆どは50万円が最大限度額に設定されます。それ以上の
融資はないものと考えたほうが無難でしょう。

無審査で融資可能

これも、どの金融業者からも借りれない多重債務者を狙った虚偽広告です。そもそも信用度が低
い多重債務者を相手に無審査でお金を融資しようという金融会社が存在するはずもないのです。
慈善事業じゃないのですから、損をするようなリスクを冒してまで借入件数4件以上の多重債務
者へお金を貸すわけもありません。

こういった無審査融資の殆どは、クレジットカードの商品枠を利用した現金化を指します。つま
り顧客のクレジットカードで商品を購入させて、その商品を買い取って現金を渡すという商売で
す。

こういった業務は金融屋ではなく明らかに違法行為になるので、ヤミ金融ということになります。
もっとも、クレジットカードを保有しているというのが前提なので、カードを保有していなけれ
ば相手にはされません。