債務整理

任意整理とは

任意整理とは、支払い不能に人と消費者金融側とが話し合い、借金の減額や今後の支払い方を変
更したりする方法です。個人で行うことも可能ですが、通常は弁護士が仲介に入って和解に向け
た交渉を行います。任意整理の順序は以下の通りです。

  1. 介入通知・・・弁護士から任意整理を委任された旨の通知が金融業者へ送付。これにより
  2. 本人への直接の取り立ては禁止されます。
  3. 取引経過の開示・・消費者金融に対して、現在までの取引履歴を開示するよう求める。
  4. 和解案の提示・・月々の返済額や返済期間を定めた和解案を消費者金融側に提示します。
  5. 和解成立・・3年以内の分割返済であれば、たいていの場合は和解成立になります。
  6. 返済開始・・和解内容に沿って毎月返済をしていきます。

0

金融業者の合意が必要

任意整理を成立させるには、債務者と債権者(消費者金融)の合意が必要となってきます。つま
り、作成した和解案に消費者金融側が同意しないと、任意整理は成立しないのです。実際、金融
業者側は簡単には同意してくれません。

何しろ、融資をしたお金を減額された上に、払い過ぎた利息の過払い金まで差し引かれ、残った
金額は微々たるものに変わってしまっているからです。「なんでこうなるんや!」と言いたいの
はやまやまでしょう。

しかし、自己破産をされてしまうと減額どころか一円も返ってこなくなってしまうことから、金
融業者側はたいていの場合、計画案に同意してきます。このあたりは、仲介役の弁護士の腕の見
せ所でしょう。